栃木県塩谷町
観光情報 くらしの情報 町の情報
サイトマップ トップページへ
フォントサイズ変更 標準フォントサイズ 大きいフォントサイズ 最大フォントサイズ
サイト内検索
検索
サイトの現在位置
トップ農業・林業クマとの事故を防ぐために
 
2012年11月8日 更新
印刷用ページを開く
クマとの事故を防ぐために
クマとの事故を防ぐための注意事項(クマ出没情報を含む)
栃木県にはツキノワグマがすんでいます。
普段はおとなしい動物ですが、時には人が襲われることもあります。
私たちが気を付ければ、多くの事故を防ぐことができます。
注意!クマ出没情報(平成24年11月8日現在<直近の3件>)
○船生(山口)
・日時:平成24年11月7日(水)、午後10時30分ごろ
・場所:山口区内の住宅敷地内
   (米袋の米を食べられる)
    
○船生(宿上)
・日時:平成24年11月3日(土)、時間は不明
・場所:宿上区内の住宅敷地内
   (米袋の米を食べられる)

○船生(羽谷久保)
・日時:平成24年10月28日(日)、午後10時40分ごろ
・場所:羽谷久保区内の住宅敷地内
   (米袋の米を食べられる)

クマに出会わないために
(1)クマに襲われないためには、クマと近くでばったり出会わないようにすることが最も大切です。
・クマがいそうな場所には行かない
・早朝や夕方は特に注意
・一人での行動は避けよう
・音を出しながら歩こう(鈴やホイッスル)

(2)農作業を行う際に注意すべきこと
・作業中にラジオなど音の出るものを携帯して、自分の存在をアピールする
・クマの出没情報に留意し、行動が活発になる早朝・夕方は周囲に気を付ける
・森林、斜面林などのそばの農地はクマの出没ルートになりやすいので特に注意し、周囲の刈り払いなどを行う
・頻繁にクマが出没する地域においては、できるだけ単独での作業は避ける

(3)誘引物の除去
・クマを誘引する生ゴミや野菜・果実の廃棄残さなどを適切に処理する
・果樹園が最も被害を受けやすいので、収穫後の放置果実は適切に処理する
・クマは収納庫等に入り込むことがあるため、収納庫はきちんと施錠するなど管理を徹底する
 (米袋も屋内で厳重に保管する)
・草刈り機などに使われるガソリンなどもクマの誘引物になるため、保管場所に注意する
もしもクマに出会ったら・・・
クマが人を襲う理由の多くは、自分の身や子グマを守るためなので、クマを刺激しないことが大切です。
・静かにゆっくりとクマから離れる(大声を出さない)
・クマに背中を向けない、走って逃げない
・グループで固まる
・子グマには絶対に近づかない(近くに親グマがいる)
ツキノワグマの特徴
・臆病でおとなしい
・嗅覚がするどい
・木登りがうまい
・人より足が速い
・食べ物のほとんどは植物の実や芽、葉。ハチやアリ、死んだシカなども食べる。
・体重はおとなのオスで80kg程度、メスで60kg程度。
本文終わり
ページのトップへ

※「用語解説」に関するご連絡は、ウェブリオまで問合せください。

産業振興課
〒329-2292 栃木県塩谷郡塩谷町大字玉生741
Tel: 0287-45-2211  Fax: 0287-45-2524
E-Mail: こちらから