栃木県塩谷町
観光情報 くらしの情報 町の情報
サイトマップ トップページへ
フォントサイズ変更 標準フォントサイズ 大きいフォントサイズ 最大フォントサイズ
サイト内検索
検索
サイトの現在位置
トップ行政情報町職員の不祥事についてお詫びと説明
 
2018年8月24日 更新
印刷用ページを開く
町職員の不祥事についてお詫びと説明
 本町職員の女性主事(30歳)が平成28年度から平成29年度の産業振興課に在籍時、町観光協会及び町企業立地連絡協議会の運営に関わる経理事務を担当しておりましたが、自己保管中の公金を各会計間において不適正に流用したことと、補助金交付申請に係る関係書類を改ざん・紛失するという事務の不適切な処理により123,687円の不明金が確認されました。

 町では当該職員から経理に関する内容、及びてん末を聴取するとともに事実の確認作業を行いまして、この不明金については、すでに当該職員により補てんされております。しかし、公金は補てんすれば済むというものではありません。

 また、町自然休養村センター使用料調定事務においては、預かった現金をそのまま机の中に貯め込み、適切な調定処理を怠ったことで、9ヶ月にわたり延べ1,104,640円が不明になっていることが判明しましたが、こちらについては、刑事告訴・民事訴訟も視野に入れながら調査を進めているところであります。

 なお、当該職員については、地方公務員法第29条及び塩谷町職員の懲戒処分の指針に基づき、平成30年8月21日付けで停職3月の懲戒処分を発令したとともに、元上司2名に対し、給料月額の10分の1を3月減給、これ以外の元上司2名に対し戒告の懲戒処分を発令しました。

 このたび、町職員によりこのような事態を招いたことは、まことに遺憾の極みであり、町民の皆さまの信頼を大きく裏切り、大変ご迷惑をおかけしまして、町政を預かる者として町民の皆さまに対し、心から深くお詫び申し上げます。
 
 町といたしましては、事務執行体制の見直し等により再発防止策の徹底を図りますとともに、全職員に対する綱紀の粛正並びに規律の確保を指示し、今後このようなことが起こらないよう周知徹底を図ってまいります。
 
 さらに、公金管理にかかわる職責の重要性の再認識を促し、関係法令及び条例・規則を遵守し、再発防止のためのチェック体制等の確認を行ってまいります。
 
 町民の皆さまに対し、ご迷惑をおかけいたしましたことについて、重ねて深くお詫び申し上げます。二度とこのようなことが起こらないように、全職員が公務員としてのモラルや自覚をもって公務の執行にあたるよう、指導を徹底し、職員一丸となって町民の皆さまの信頼回復に全力を尽くしてまいります。


  
平成30年8月24日
   塩谷町長 見形 和久
本文終わり
ページのトップへ

※「用語解説」に関するご連絡は、ウェブリオまで問合せください。

総務課
〒329-2292 栃木県塩谷郡塩谷町大字玉生741
Tel: 0287-45-1111  Fax: 0287-45-1840
E-Mail: こちらから