栃木県塩谷町
観光情報 くらしの情報 町の情報
サイトマップ トップページへ
フォントサイズ変更 標準フォントサイズ 大きいフォントサイズ 最大フォントサイズ
サイト内検索
検索
サイトの現在位置
トップ妊娠・出産国民健康保険出産育児一時金
親情報へ 
2011年6月24日 更新
印刷用ページを開く
出産育児一時金
国民健康保険の加入者が出産したときは、世帯主に出産育児一時金が支給されます。
町の国民健康保険加入者が出産(妊娠85日以上の死産、人工流産等を含む)したときは、出産育児一時金42万円(産科医療補償制度の適用の場合)が支給されます。手続きの方法は下記のとおりです。
手続方法

○直接支払制度を利用する場合

出産する医療機関で、直接支払制度合意文書をとりかわすことにより、出産育児一時金が市から直接医療機関へ支払いになる制度です。この制度を利用することにより、退院する時の支払いは請求額から42万円をひいた金額を支払うだけで済みます。費用が42万円に達しない場合は、役場の窓口へ請求することにより、差額が支給となります。 

差額の請求方法は医療機関で交付された代理契約に関する文書の写し、費用の内訳が記載された領収・明細書の写しと、印鑑、国民健康保険証、通帳(世帯主名義)を持って、役場住民課で請求ください。

 

○町に請求する場合

出産する医療機関への直接払いを希望せず、出産育児一時金を世帯主が請求する場合は医療機関から交付された代理契約に関する文書の写し、費用の内訳が記載された領収・明細書の写し、印鑑、国民健康保険証、通帳(世帯主名義)が必要です。
 


会社を退職後6ヵ月以内に出産した人の場合
以前に加入していた健康保険から出産育児一時金が支給できます。
(1年以上継続して会社に勤務していた場合に限ります)
健康保険によっては、独自の付加給付を行って国民健康保険より支給額が多い場合があります。
 該当される方は、以前に加入していた健康保険にご確認ください。
(健康保険から支給された場合は、国民健康保険からは支給されません)
注意事項
出産後2年で時効となり、申請ができなくなりますのでご注意ください。
会社の健康保険に加入している方は、詳しい手続きの方法について、必ず加入している健康保険にお問い合わせください。
本文終わり
親情報へ ページのトップへ

※「用語解説」に関するご連絡は、ウェブリオまで問合せください。

住民課
〒329-2292 栃木県塩谷郡塩谷町大字玉生741
Tel: 0287-45-1118  Fax: 0287-41-1014
E-Mail: こちらから