本文

本文
サイトの現在位置
2018年8月20日 更新
タイトルロゴ画像
松尾芭蕉『幻』の俳句展(第4回)inしおや
平成30年11月3、4日の生涯学習フェスティバル催事場内で実施します。

俳句ゆりぴー新登場!

俳句ゆりぴーの画像

 塩谷町は、かつて俳聖と呼ばれる松尾芭蕉が奥州へ旅する途中、日光北街道の宿場の1つであった玉生で宿泊したことが同行者曽良の日記に残されているものの、ざんねんながら町を詠んだ句はありません。
 
 そこで松尾芭蕉が玉生に宿泊したことや町内に残る日光北街道を旅したことを町の歴史的財産として、「松尾芭蕉『幻』の俳句展inしおや」を開催し、町民の皆さんから広く作品を募集することで、松尾芭蕉の玉生での夜に思いをはせたり、本町の自然や人々の交流等に目をむけたりする機会になればと考えました。
 
 さらに郷土である塩谷町の良さや特色を再認識し、文芸に親しむ機会にもなり、新たに俳句や短歌等を学ぶきっかけになることも期待しています。

 松尾芭蕉になりきって、俳句を詠んでみませんか?
 

【作品募集の詳細】

俳句のイメージ画像
芭蕉一宿之跡


○主催:塩谷町教育委員会
 共催:石尊会・ゆりぴー俳句会

○開催日時:平成30年11月3日(土)4日(日)9:00~17:00(4日は15:00まで)

○開催会場:塩谷中学校体育館1階(生涯学習フェスティバル催事場内)

○投稿規定
 ①投句対象は町民とします。(ただし町内通勤通学者は可)
 ②募集は「俳句」のみです。
 ③句の題材は、松尾芭蕉の塩谷滞在に関することや塩谷町の自然や季節、人々の様子や交流等を扱っているものとします。
 ④上記の規定に合い、自作であれば他で発表した句も可。(ただし、他の発表会等に出版権があるものは不可。)
 ⑤応募作品に関わる出版権は、塩谷町教育委員会に帰属します。
 ⑥応募は一人一句とし、投句料は無料です。
 ⑦展覧会形式の俳句交流とし、選者による選考や表彰は行いません。

○応募方法:下記の投句用紙(PDF)を印刷して必要事項を記入の上、生涯学習センター及び各コミュニティセンターに置いてある「投句箱」に入れてください。(各センターに投句用紙もあります。)

○応募〆切:平成30年10月20日

○募集部門:「町民一般の部」「生徒の部(中高生)」
      「児童の部(小学生・園児)」

○その他:参加者には景品の贈呈があります。(俳句展の後日お渡しします。)

松尾芭蕉『幻』の俳句展inしおやのちらし及び『投句用紙』はこちらです。
第4回チラシ
ファイルサイズ:262KB
投句票
ファイルサイズ:121KB
Adobe Readerを入手する
本文終わり
掲載内容に関するお問い合わせはこちら
生涯学習課
住所:329-2441 栃木県塩谷郡塩谷町大字船生989-1
TEL:0287-48-7503
FAX:0287-48-7504
トップへ戻る
塩谷町の位置を示す地図

塩谷町の人口世帯数(令和2年10月1日現在)
  男性 5,412人   女性 5,453人 
総人口 10,865人 世帯数 4,033世帯

〒329-2292 栃木県塩谷郡塩谷町大字玉生741
電話
0287-45-1111(代表)
FAX
0287-45-1840
開庁時間
平日8時30分~17時15分