コンテンツ一覧へジャンプ
栃木県塩谷町
観光情報 くらしの情報 町の情報
サイトマップ トップページへ
フォントサイズ変更 標準フォントサイズ 大きいフォントサイズ 最大フォントサイズ
サイト内検索
検索
サイトの現在位置
トップ部署一覧企画調整課
企画調整課
企画調整課
次へ p. 1/2
既定
日付 検索
人口減少対策のために塩谷町まち・ひと・しごと創生総合戦略に基づき実施する施策に対し、効果検証を行うことにより、その精度を高めていくものです !!
 「地域経済牽引事業の促進による地域の成長発展の基盤強化に関する法律」(略称:地域未来投資促進法)〔平成29年7月31日施行〕に基づき、県・市町が連携して基本計画を策定し、平成29年9月29日に国から同意を得ました。
 つきましては、同法第4条第8項の規定に基づき、公表します。
人口減少対策のために塩谷町まち・ひと・しごと創生総合戦略に基づき実施する施策に対し、効果検証を行うことにより、その精度を高めていくものです !!
人口減少対策のために実施する施策に対し、効果検証を行うことにより、その精度を高めていくものです !!
震災前より交流のある本町と宮城県女川町が、「災害時相互応援協定」を締結しました。
『しおや』を育む強固な地盤と豊かな清流!!
町のシンボルキャラクター、「ユリピー」をリニューアルしました!
電源立地地域対策交付金事業の内容・取り組みについて紹介します。
 6月から8月にかけて実施しましたシンクタンク構想の構築のための地域井戸端会議では、町民の皆様より多くのご質問・ご提案をいただき、その調整に時間がかかっていましたが、この度、現段階での回答がまとまりましたので公表をいたします。
町内にお住まいの方(見込含む)で、住宅用太陽光発電システムを設置する方に補助を行います
構造改革特別区域法に基づき、学校設置会社立として設置された日々輝学園高等学校が、私立通信単位制高等学校となりました
構造改革特別区域法第十二条第6項の規定に基づき、株式会社立である日々輝学園高等学校の評価結果を公表します
国の地方創生交付金事業に伴い、町の人口減少対策を盛り込んだ「塩谷町まち・ひと・しごと創生総合戦略」を策定しました。
くらしの中の様々な相談をお受けします
「住宅・土地統計調査」(5年ごと)は、我が国の住宅とそこに居住する世帯の居住状況、世帯の保有する土地等の実態を把握し、その現状と推移を明らかにする調査です。この調査の結果は、住生活基本法に基づいて作成される住生活基本計画、土地利用計画などの諸施策の企画、立案、評価等の基礎資料として利用されています。

平成23年2月1日から町内ほぼ全域でフレッツ光ネクストがご利用できます。
塩谷町地域新エネルギービジョン(重点テーマに係る詳細ビジョン)を策定しました。
当初予算(年度初めに計画する年度中に入る予定のお金・使う予定のお金)の概要を紹介します。
決算(年度中に町に実際に入ったお金・使われたお金)の実績を紹介します。
予算(補正増減)や財産等の動きを紹介します。
法律により毎年度決算に基づき比率を算定し、議会に報告のうえ公表することが義務付けられているものです。
決算を様々な角度から分析し、類似団体(財政規模等が似ている市町村)や県内平均等と比較して、町の置かれる財政状況の把握に役立てる資料を紹介します。
町の持つ資産や負債等のストック状況や1年間の行政サービスの提供状況、一会計年度における資金の増加・減少を示す諸表を紹介します。
わかりにくい財政用語のうちで主なものを紹介します。
登録番号からのリンク先で、各物件の詳細ページをご覧いただけます。
町では登録された空き家情報の公開や紹介までを行い、売買及び賃貸借の交渉や契約については、一切関与いたしません。
物件の売買及び賃貸借等の交渉や契約については、町と協定を締結した(公社)栃木県宅地建物取引業協会に加盟する不動産業者の仲介のもと行っていただきます。
塩谷町は、平成29年4月に過疎地域自立促進特別措置法(平成12年法律第15号)に基づく要件に該当となり、過疎地域に指定されました。それに伴い、町では「塩谷町過疎地域自立促進計画」(平成29年度から平成32年度)を策定し、計画的に過疎対策を進めてまいります。
町は、公益社団法人栃木県宅地建物取引業協会と「塩谷町空き家バンク媒介に関する協定書」の締結式を行いました。
町では、空き家の有効活用を通して、定住促進による地域の活性化を図るため、空き家バンク制度を開始しました。
空き家を有効活用したい方、空き家をお探しの方は、企画調整課までご相談ください。
キッズすたっと〜探そう総計データ〜(総務省統計局より)ホームページへのリンク
特定非営利活動促進法に係る事務の権限が平成26年4月から町に移譲されました。
(法人の事務所が町内のみにある場合に限ります。)
消費税率が5%から8%に引き上げられたことに伴い、地方消費税交付金の増収分は、その使途を明確化することとされています。
町の「第2次自律計画」を策定しました
次へ p. 1/2
既定
日付 検索