栃木県塩谷町
観光情報 くらしの情報 町の情報
サイトマップ トップページへ
フォントサイズ変更 標準フォントサイズ 大きいフォントサイズ 最大フォントサイズ
サイト内検索
検索
サイトの現在位置
トップ医療・健康不妊治療費助成事業
 
2018年4月11日 更新
印刷用ページを開く
不妊治療費助成事業
不妊治療を受けている夫婦の経済的負担の軽減と少子化対策の推進を図るものです。
不妊治療費とは
国内医療機関での不妊治療に係る保険診療適用外の検査費及び診療費
助成対象者
次の項目に該当する方。
@ 婚姻の届出をしている婚姻中の者又は外国人登録をしている婚姻中の者で、医師による不妊治療を受けている者
A 助成金の交付申請をする日の1年以上前から引き続き本町の住民であること
B 医療保険各法における被保険者または被扶養者であること
C ご夫婦に、町税等の滞納がないこと
助成金の額・交付
・1年度に支払った不妊治療費の額(基準額)の50% ただし15万円(平成28年度4月より)を限度とする。
  ※国または県等の不妊治療費助成を受けている場合、治療費からその助成額を差引いたものを基準額とする。

・助成金の交付は、同一夫婦について1年度1回とし、通算して5回を限度とする。
申請方法・手続き
治療が終了した日の属する年度の翌年度の末日までに、保健福祉課へ提出書類をそろえて申請ください。
申請後、審査のうえ助成の適否を決定し、申請された方に通知します。
提出書類
◎不妊治療費助成交付申請書 ※保健福祉課窓口、または下記よりダウンロードできます。

下記の書類を添えて提出してください。
 @不妊治療に係る領収書
 A国又は県等の助成制度を受けているときは、その決定通知書の写し
 B夫と妻の加入している健康保険証のコピー
 C振込口座が確認できるもの(通帳又は通帳のコピー)
 D同意書(住民情報・納税(非課税)情報確認のため)※保健福祉課窓口、または下記よりダウンロードできます。
 ※上記の他、特に町長が必要と認める書類
不妊に関するご相談は、
広域健康福祉センター(県北健康福祉センタ−:0287―22−2257)
不妊専門相談センター:028−665-8099
で応じております。
PDFファイルはこちら
(zyoseisinseisyo.pdf: 57k)
(douisyo.pdf: 30k)
本文終わり
ページのトップへ
保健福祉課
〒329-2292 栃木県塩谷郡塩谷町大字玉生741
Tel: 0287-45-1119  Fax: 0287-41-1014
E-Mail: こちらから