栃木県塩谷町
観光情報 くらしの情報 町の情報
サイトマップ トップページへ
フォントサイズ変更 標準フォントサイズ 大きいフォントサイズ 最大フォントサイズ
サイト内検索
検索
サイトの現在位置
トップ福祉・介護介護予防・日常生活支援総合事業
 
2018年10月3日 更新
印刷用ページを開く
介護予防・日常生活支援総合事業
介護保険法の改正により、団塊の世代が75歳以上となる2025年を見据えて、高齢者が住み慣れた地域で自分らしい暮らしを続けられるよう地域全体で高齢者を支えるとともに、高齢者自身も自らの能力を最大限に活かして要介護状態にならないよう予防することが大切です。そのための仕組みとして、介護保険制度の地域支援事業が新たに創設されました。
1.介護予防・日常生活支援総合事業とは
総合事業は、地域の支え合いの体制づくりを推進し、要支援者等に対する効果的かつ、効率的な支援等を可能とすることを目指すものです。総合事業には、要支援1・2と事業対象者の方が対象の「介護予防・生活支援サービス事業」と、65歳以上の全ての高齢者の方が対象の「一般介護予防事業」の2種類があります。

町では、平成29年4月に介護予防給付のうち、訪問介護(ホームヘルプ)と通所介護(デイサービス)サービスを総合事業の「介護予防・生活支援サービス事業」に移行しました。サービスの利用はこれまでと変わらずに受けることができます。
また、今までの一次介護予防、二次介護予防教室を「一般介護予防事業」に改め、介護予防の普及啓発に資する介護予防教室の開催、地域における住民主体の介護予防教室やサロン事業の支援、地域における介護予防活動に参画していただける方の育成支援などの事業を行っていきます。
これからも高齢者の皆さんが、住み慣れた地域で生活できるよう、お体の状態や必要性に合わせた、効果的で効率的なサービス提供に順次取り組んでいき、皆さんの介護予防と日常生活の自立を支援していきます。
2.事業者指定について
 塩谷町では平成29年4月から、介護予防・日常生活支援総合事業を実施しています。
 これに伴い、訪問介護相当サービス及び通所介護相当サービスを実施する場合は、町の事業者指定を受ける必要があります。指定を受ける事業所は、事業を開始する前月の10日までに、町へ申請書類を提出してください。
 指定の有効期間は6年間です。指定期間以降も総合事業のサービスを実施する場合は、指定の更新手続きが必要になります。

※申請書類については、準備が整い次第掲載します。
3.介護予防・日常生活支援総合事業サービスコード表について
 介護給付の平成30年度介護報酬に関連し、地域支援事業実施要綱における国が定める額が一部改正され、平成30年10月1日から施行されました。国の改正に合わせて、塩谷町における訪問介護相当サービス及び通所介護相当サービスについても、平成30年10月1日から改正されます。(基本報酬の単価の改定はありません。ただし、一部の加算について、サービス毎に変更がありますので、ご留意ください。)
 なお、通所介護相当サービスにおいて新設される「生活機能向上連携加算」を平成30年10月分から算定するためには、「介護予防・日常生活支援総合事業費算定に係る体制等に関する届出書」の提出が必要となります。
 平成30年10月サービス提供分以降の請求については、以下のサービスコードを使用してください。

 【変更点】

 (1) 訪問型 
   訪問型独自生活機能向上連携加算(100単位)が、1(100単位:新設・緩和型)と2(200単位)に分岐
 (2) 通所型
   通所型独自生活機能向上連携加算1(200単位)を新設 
   (運動器機能向上加算算定時は「2」の100単位を算定)
   通所型独自栄養スクリーニング加算(5単位/1回)を新設
 (3) 介護予防ケアマネジメント
   変更なし
塩谷町介護予防・日常生活支援総合事業単位数サービスコード表(PDF 約141KB)
平成30年10月改定版です。
塩谷町介護予防・日常生活支援総合事業単位マスタ(CSV:10KB)
平成30年10月改定版です。

CSVファイルです。システムに取り込む際、ご活用ください。
※システムへ取り込む際、1行目のタイトルを削除してから行ってください。
※取り込む際は各事業所でご使用されているシステムマニュアルをご確認ください。
4.介護予防・日常生活支援総合事業に関するQ&A
介護予防・日常生活支援総合事業に関するQ&A(pdf292.3KB)
本文終わり
ページのトップへ
高齢者支援課
〒329-2292 栃木県塩谷郡塩谷町大字玉生741
Tel: 0287-47-5173  Fax: 0287-41-1014
E-Mail: こちらから