本文

本文
サイトの現在位置
2020年7月3日 更新
軽自動車税(環境性能割・種別割)
税のしくみ、軽自動車の届出について、質問と回答

軽自動車税のしくみ

軽自動車税は、原動機付自転車、軽自動車、小型特殊自動車及び2輪の小型自動車(これらを総称して 「軽自動車等」 といいます。)に対して課税されるものです。
令和元年10月から従来の自動車取得税が廃止され軽自動車税(環境性能割)として創設し、従来の軽自動車税は軽自動車税(種別割)に名称が変更されました。
♦軽自動車税(環境性能割)・・・町税
 軽自動車を新たに取得した場合、50万円を超える車両について、取得の際に申告して納入となります。
  ・・・税額等詳しくはこちら・・・
♦軽自動車税(種別割)・・・・・町税
 毎年4月1日現在、塩谷町にある軽自動車等の所有者が納入となります。したがって、4月2日以降に廃車などをしても、その年度分の税金は全額納めていただくことになります。
  ・・・税額等詳しくはこちら・・・

★新型コロナウイルス感染症に伴う対応について
  ・・・詳しくはこちら・・・
 

身体障害者などに対する減免(軽自動車税(種別割))

次に該当する場合には、申請により減免します。申請期限は、納期限7日前までになります。
 
〇  次の(1)~(3)に掲げる軽自動車等(1台に限ります。)
  1. 身体障害者(注1)、精神障害者(注1)または療育手帳の交付を受けている人(注1)が所有する軽自動車等で、もっぱらその人が運転するもの
  2. 重度の身体障害者(注1)、精神障害者(注1)または療育手帳の交付を受けている人(注1)が所有する軽自動車等で、もっぱらその人の生業、通学又は通院等のために、その人の家族が運転する人
  3. 重度の身体障害者(注1)、精神障害者(注1)または療育手帳の交付を受けている人(注1)が所有する軽自動車等で、もっぱらその人の生業、通学又は通院等のために、その人の常時介護者(注2)が運転する人(その人の含まれる世帯の全員が重度の身体障害者(注1)又は精神障害者(注1)である場合に限ります。)
〇  構造上、身体障害者または精神障害者の利用にもっぱら供するための軽自動車等
 
(注1)
身体障害者手帳、精神障害者保健福祉手帳、療育手帳などの交付を受けている人で、一定の障害の程度に該当する人
(注2)
市町村や福祉事務所等で発行する常時介護証明書の交付を受けている人
 
※減免を受けることができるのは、普通自動車または軽自動車どちらか1台のみになりますのでご注意ください。
 
詳しくは役場税務課までお問い合わせください。

軽自動車の届出

原動機付自転車(125cc以下)・小型特殊自動車(農耕車、フォークリフト)の場合

 申告事由 申告に必要なもの
ナンバー
 
プレート
所有者印※
 
(スタンプ印は不可)
警察受理No.
 
警察届出日
販売・譲渡
 
・廃車 証明
車台番号
登録    
廃車      
 転出      
盗難      
紛失        
所有者と使用者が異なる場合は、各々の印鑑が必要です。
廃車・転出の際ナンバープレートを紛失した場合、紛失料が200円かかります。
名義変更の場合、旧所有者の廃車手続きを行い、新所有者の名義で登録をします。
町外に転出する方は、役場税務課で必ず廃車手続きを行い、転出先の市町村で登録をしてください。また、乗らなくなった場合は必ず廃車届をしてください。そのままにしておきますと、課税され続けてしまいます。

軽自動車(3輪・4輪)の場合

下記へお問い合せください
 
リンク: 軽自動車検査協会栃木事務所  宇都宮市西川田本町1-2-37 (電話)050-3816-3107
 

2輪の小型自動車・2輪の軽自動車

下記へお問合せください
 
リンク:栃木運輸支局   宇都宮市八千代1-14-8  (電話)050-5540-2019
 
町外に転出する際は、車検証又は届出済証の住所変更等をしてください。また、車検証等の変更が遅れる場合は、役場税務課へ必ず住所変更届をしてください。届出がない場合、納付書が届かない可能性があります。また、乗らなくなった場合は必ず廃車手続きをしてください。そのままにしておきますと、課税され続けてしまいます。

質問と回答

【質問】
最近、軽自動車を廃車または譲渡したのに、今年度の軽自動車税(種別割)納税通知書が送付されてきましたがどうしてですか。
【回答】
軽自動車税(種別割)は、毎年4月1日現在所有されている所有者(使用者)に課税します。ご質問の場合、4月2日以降に手続きを行ったことが考えられます。廃車または譲渡を業者に依頼した日ではなく実際の廃車または変更登録を行った日になります。この場合は、4月1日現在所有していたので今年度の軽自動車税は納税することになります。逆に4月1日以前に変更手続きをされている場合には、今年度の軽自動車税は課税になりません。
 
【質問】
小型特殊自動車(トラクター等)で「栃木」の標識を交付されている車両を廃車または、譲渡した場合の変更手続きの方法はどのようにするのでしょうか。
【回答】
小型特殊自動車は、現在市町村で登録・廃車・変更の手続きを受付けていますが、「栃木」標識は、市町村で受付をすることになった以前に登録した車両です。廃車等の手続きは栃木運輸支局が窓口になります。手続きに必要な書類は、印鑑(実印)・印鑑証明書・車検証・標識・委任状(所有者以外)となります。その他、車検証等を紛失または、所有者がお亡くなり等の理由により、必要な書類が変わりますので、栃木運輸支局に問い合わせをしてください。
また、所有者、住所の変更は、「栃木」標識を廃車していただき、市町村にて「○○○町」標識に変更していただく手続きになるので、栃木運輸支局の廃車手続きをした後、市町村で標識交付の手続きをしてください。
 
【質問】 
原動機付自転車を盗難されてしまいました。どのような手続きをすればいいのでしょうか。
【回答】
警察に盗難届を提出し、盗難届受理番号、届け出した警察署名・日時を控えて、印鑑と原動機付自転車ナンバーの分かるもの(標識交付証明書等)持参して、役場税務課で廃車等の手続きをしてください。

PDFファイルはこちら
Adobe Readerを入手する
本文終わり
掲載内容に関するお問い合わせはこちら
税務課
住所:329-2292 栃木県塩谷郡塩谷町大字玉生741
TEL:0287-45-1117
FAX:0287-41-1014
トップへ戻る
塩谷町の位置を示す地図

塩谷町の人口世帯数(令和2年12月1日現在)
  男性 5,394人   女性 5,419人 
総人口 10,813人 世帯数 4,034世帯

〒329-2292 栃木県塩谷郡塩谷町大字玉生741
電話
0287-45-1111(代表)
FAX
0287-45-1840
開庁時間
平日8時30分~17時15分